スカパー!のアニマックスで、新春からオリジナルビデオアニメ「湘南ダッシュ族」の永続全作戦略があり、懐かしくて完遂録画して観ました。
虎の巻の漫画が好きで、当時まだまだ読んでいました。
ヤンキーでやる気族って、自分には至ってそんなコンテンツは弱いし、憧れ等も全くないけれど、リーダーでありヒロインの江口洋介を始め、
一員5会員総出性格が個性豊かで立ってあり、シリアスな紛争のメッセージも手ぬるいジョークのメッセージもとても面白かったんです。
思春期特有の感情のバイブレーションや機微等もそれほど描かれていて、青春学園グッズとしてもほとんど出来ていると思います。
ビデオテープ漫画も完遂まったく良かった。
漫画のアニメ化となると、会得が違ってしまっていたり図説が汚い・似てない等大変凄い物はないものですが(殊に昔はそうでした)、これは
必ず虎の巻も絵柄も虎の巻に沿っていて、丁寧に作られていました。タッグ係員が公正だったのですか。
そんなところが真似に盛り込みられたというのですが、全12巻も制作される長寿つながりになりました。
この漫画の5,6巻幅が発売された近辺、俺はレンタルビデオディナーでパートタイマーを通じていました。
まだまだムービーなんて有もしてない分厚いVHSテープの近辺で、街にも豊富個人のビデオテープディナーがありました。
今は二度とTSUTAYA・GEOばかりですね。
俺が働いていたのも個人のお店で、ポッキリハイスクールの夏休みが設立時代に重なったので、始まり係員で入れました。
なかなかウンザリで時が経つのが遅くて、1カ月余裕で辞めてしまいましたけど、棚を掃除している時にたびたびそういったビデオテープのオーバーを
眺めていたのを思い出します。
俺によって湘南ダッシュ族は、漫画自体にも思い入れがあるし、互いに青春の夏休みの思い出でもあるのです。グリーンスムージーを毎日おいしく楽しむならネイチャーリズムの6種のフレーバー